サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 貫井徳郎「後悔と真実の色」(幻冬舎) | トップページ | 湊かなえ「贖罪」(東京創元社) »

2011年7月 9日 (土)

貫井徳郎「乱反射」(朝日新聞出版)

評価5。2010年、日本推理作家協会賞。

 日常の中で誰でもやってしまいそうなちょっとした無責任な行動。飼い犬の散歩の際に糞を処理しなかったり、昼間は込んでいるからといって、ただの風邪なのに夜間診療を利用したり、つい正義感から自然保護を訴えたり…。それが積み重なると人の死をも招いてしまう。

 父親は息子の死を招いた多くの人たちの責任を追及しようとするが、法律で裁けるのはごく一部にすぎない。

 そして自分もまた、彼らと似たような無責任な行動をする人間であることに気付く。

 多くの登場人物の小さな行動が子どもの死につながっていく緻密な構成が良い。欲を言えば、主人公である父親の無責任な行動も息子の死につながっていれば(不謹慎な言い方ですが)さらにおもしろかった。

« 貫井徳郎「後悔と真実の色」(幻冬舎) | トップページ | 湊かなえ「贖罪」(東京創元社) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/52150713

この記事へのトラックバック一覧です: 貫井徳郎「乱反射」(朝日新聞出版):

« 貫井徳郎「後悔と真実の色」(幻冬舎) | トップページ | 湊かなえ「贖罪」(東京創元社) »