サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« イグナシオ・ラモネ「フィデル・カストロ みずから語る革命家人生」(上・下、岩波書店) | トップページ | 東野圭吾「麒麟の翼」(講談社) »

2011年12月28日 (水)

佐々木譲「警官の条件」(新潮社)

評価4

 3代にわたる警官人生を描いた傑作「警官の血」の続編。前作は戦後史に人生を翻弄された男たちの大河ドラマだったが、本作は3代目の和也の物語。スケールが小さくなるのは仕方ないか。

 和也は警視庁組織対策本部第一課2係の係長になった。組織対策本部の失態が続く中、かつて和也が監察に「売った」ことにより警察を辞めざるを得なくなった加賀谷が呼び戻された。加賀谷と和也がそれぞれ別ルートで新たな麻薬密売ルートに接近する。和也は、加賀谷が再び暴力団に取り込まれたと考えるが、加賀谷はあくまでも警官だった。

 「警官の血」でも警官の象徴として出てきたホイッスルが、本作でも最後の場面で印象的な小道具として使われる。ちょっと感動的です。

 登場する暴力団や人物が多いので真剣に読まないとわからなくなります。

« イグナシオ・ラモネ「フィデル・カストロ みずから語る革命家人生」(上・下、岩波書店) | トップページ | 東野圭吾「麒麟の翼」(講談社) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/53541366

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木譲「警官の条件」(新潮社):

« イグナシオ・ラモネ「フィデル・カストロ みずから語る革命家人生」(上・下、岩波書店) | トップページ | 東野圭吾「麒麟の翼」(講談社) »