サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 佐々木譲「密売人」(角川春樹事務所) | トップページ | ティム・ワーナー「CIA秘録」(上・下、文春文庫) »

2012年1月 2日 (月)

薬丸岳「ハードラック」(徳間書店)

評価4

 派遣切りに遭い、所持金を詐欺で失った相沢仁(ジン)は、「一発逆転」を狙って裏の求人サイトで仲間を募った。バーボン、テキーラ、ラムという名で呼び合うことにした4人はバーボンの提案で軽井沢の資産家宅に押し入った。

 事件のさなか、ジンは何者かに頭を殴られ、目覚めると、屋敷の外に100万円の札束と共に倒れていた。屋敷は炎上、中からは3人の遺体が見つかった。

 「嵌められた」。3人を殺した犯人にされたら確実に死刑だと思ったジンはバーボンたちを捜す。

 以下、ネタバレ注意

 これまでの薬丸作品とは毛色が違うなと読み進めていったら、やはり最後は犯罪被害者の悲しみ、苦しみに行き着いた。「おまえらがたいした悪だと思ってないことの積み重ねが、おれのおばあちゃんを殺し、おれの人生を壊したんだ」。それはわかるが、それぞれがそれなりに苦労している仲間を簡単に殺しちゃうのはすこしやりすぎで、事件の黒幕の人物に今ひとつ共感できないのが残念。

« 佐々木譲「密売人」(角川春樹事務所) | トップページ | ティム・ワーナー「CIA秘録」(上・下、文春文庫) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/53634708

この記事へのトラックバック一覧です: 薬丸岳「ハードラック」(徳間書店):

« 佐々木譲「密売人」(角川春樹事務所) | トップページ | ティム・ワーナー「CIA秘録」(上・下、文春文庫) »