サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 映画「岳」(2011年日本) | トップページ | ホウレンソウのゴマあえ »

2012年3月 3日 (土)

東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社)

評価4

 尚美がフロント係を務めるホテル「コルテシア東京」に刑事が潜入することになった。近いうちにホテルで殺人事件が起きる可能性があるという。尚美は、フロントを担当する新田刑事の指導係を命じられた。

 ホテルにはいろんな客が泊まる。2人は時には衝突しながら、さまざまな客の人生と向き合い、信頼関係をはぐくんでいく。

 各事件現場に残された数字の意味は? 過去3件の事件の関係は? なぜ、このホテルが次の事件の現場に選ばれたのか? 誰が被害者なのか? 犯人の動機は?

 やがて、犯人の行動に疑問を持った新田は、今回の連続殺人事件とは関係がない別の殺人事件にたどり着き、その事件を調べている相棒の能勢刑事が見つけた写真に意外な顔を見つけた。

 一気に読めてしまう面白さはさすが。しかし、深みは今ひとつ。普通だったら評価5をつけてもいいとこだけど東野圭吾だけに、さらに上を期待してしまい、厳しめに4とします。

« 映画「岳」(2011年日本) | トップページ | ホウレンソウのゴマあえ »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/54091315

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社):

« 映画「岳」(2011年日本) | トップページ | ホウレンソウのゴマあえ »