サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 道尾秀介「龍神の雨」(新潮文庫) | トップページ | 貫井徳郎「慟哭」(創元推理文庫) »

2012年4月10日 (火)

道尾秀介「シャドウ」(創元推理文庫)

評価4

 一気に読めてしまう面白さはさすが。

 ただ、ミスリードのため、余分なエピソードがたくさんあって(凰介の頭をよぎる映像や、水城徹の薬物依存など)、なんかすっきりしない感じ。うまく言えないけど。

 以下、ネタバレあり。

 小学5年の凰介の母咲枝が病死し、凰介は父洋一郎と2人になった。まもなく、家族ぐるみの付き合いがあった水城家の母恵が飛び降り自殺。娘の亜紀(小学5年)は交通事故で腕を骨折するが、自分から飛び出したらしい。

 亜紀の父徹は亜紀が自分の娘ではないと疑い、洋一郎は心の病気が再発する。凰介は、徹と洋一郎の恩師である精神科医、田地を頼るが…。

 最後に、ある殺人計画が明かされる。

« 道尾秀介「龍神の雨」(新潮文庫) | トップページ | 貫井徳郎「慟哭」(創元推理文庫) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/54438353

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介「シャドウ」(創元推理文庫):

« 道尾秀介「龍神の雨」(新潮文庫) | トップページ | 貫井徳郎「慟哭」(創元推理文庫) »