サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常」 (メディアワークス文庫) | トップページ | 湊かなえ「花の鎖」(文芸春秋) »

2012年11月 1日 (木)

湊かなえ「白ゆき姫殺人事件」(集英社)

評価3

 湊かなえらしい関係者の独白で構成される小説部分と、ネットの書き込みや週刊誌記事、新聞記事などから成る資料部分から構成されている。

 化粧品会社の美人OLが殺害され、同期入社の女性社員が怪しいとのうわさがネットで広がっていく。

 週刊誌記者が取材を始め、この社員の人物像が、同僚、後輩、同級生、近隣住民、両親の話から明らかになっていく。

 ミステリーとしての出来はともかく、筆者は、謎解きよりも、容疑者扱いされた人物について不合理なうわさまでがもっともらしく語られるようになる不条理さを訴えたかったのではないか。そしてそれを垂れ流すマスコミの無責任さも。

 被害女性の性格のいやらしさも、ある意味、湊かなえらしいが、湊かなえらしさをあまりにも期待してしまうと物足りない感はある。

 そこそこ楽しめると思う。

« 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常」 (メディアワークス文庫) | トップページ | 湊かなえ「花の鎖」(文芸春秋) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/56021970

この記事へのトラックバック一覧です: 湊かなえ「白ゆき姫殺人事件」(集英社):

« 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常」 (メディアワークス文庫) | トップページ | 湊かなえ「花の鎖」(文芸春秋) »