サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 有栖川有栖「ブラジル蝶の謎」(講談社文庫) | トップページ | 東野圭吾「鳥人計画」(角川文庫) »

2015年6月15日 (月)

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」(メディアワークス文庫)

評価3

 栞子さんと大輔はつきあうことになったが、デートする暇もなく、あらたな事件に巻き込まれる。
 今回は、太宰治の2冊の「晩年」などをめぐる長編仕立て。
 今回も栞子さんの母智恵子が暗躍。
 最後に大輔は、智恵子の出生の秘密にたどり着く。

 後書きによると、ビブリアシリーズは次かその次で終幕とのこと。

« 有栖川有栖「ブラジル蝶の謎」(講談社文庫) | トップページ | 東野圭吾「鳥人計画」(角川文庫) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/61744458

この記事へのトラックバック一覧です: 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」(メディアワークス文庫):

« 有栖川有栖「ブラジル蝶の謎」(講談社文庫) | トップページ | 東野圭吾「鳥人計画」(角川文庫) »