サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 米澤穂信「王とサーカス」(東京創元社) | トップページ | 米沢穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社) »

2016年6月18日 (土)

長岡弘樹「教場2」(小学館)

評価3
 警察学校の教官、風間公親シリーズ第2弾。学生の罪や小さな嘘を隻眼の元刑事、風間が見抜く。

①創傷
 桐沢はもともと医師だったが警察官に転職。警察学校で風間教場に入った。
 同期の南原に見覚えがあった。その腕には傷があり、かつてその傷を医師として診たのが桐沢だった。
 警察学校での傷についての授業から、桐沢は南原の正体に気づく。

②心眼
 学校で備品の盗難が続いていた。盗まれたのはパソコンのマウスや、野球のミット、木琴をたたくマレット。取るに足りないものばかりだが、盗まれた品々には共通点があった。

③罰則
 津木田はプールでの救助訓練の指導教官、貞方を恐れていた。自分のミスで班ごと罰則を科された際、貞方は小さな報復に出る。

敬慕
 菱沼羽津希はアナウンサーも志望したほど容姿に自信を持っている。今回も広告塔としてテレビに出たが、引き立て役の同期生の方が輝いていた。同期生の目に映っていたものとは。

机上
 仁志川鴻は将来、刑事課強行犯係での勤務を希望。風間に提案した殺人事件の捜査の模擬実習が実施に移される。実習で風間が求めた解答とは。

⑥奉職
 警察学校時代の成績は、今後もずっとついて回る。美浦亮真は、同期の桐沢と総代争いをしていたが、人を殴ったりできない弱さを抱えていた。最後に風間が美浦にかける言葉が感動的な一編。


« 米澤穂信「王とサーカス」(東京創元社) | トップページ | 米沢穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/63603185

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡弘樹「教場2」(小学館):

« 米澤穂信「王とサーカス」(東京創元社) | トップページ | 米沢穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社) »