サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 有栖川有栖「鍵の掛かった男」(幻冬舎) | トップページ | 塩田武士「罪の声」(講談社) »

2016年12月25日 (日)

雫井脩介「犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼」(双葉社)

評価3

「犯人に告ぐ」で「バッドマン事件」の捜査指揮に当たった神奈川県警、巻島史彦警視を主人公とする続編。だが、前作のように、「犯人に告ぐ」ような場面はない。犯人グループの計画は緻密なのに、あっけなくアジトを突き止められてしまって、「ぇ?」。追い詰められた犯人グループが、往生際悪く、逃走して、立てこもったりする場面は冗長で、退屈だった。途中まではおもしろかったのに、終わり方が残念。

以下、ネタバレあり。

振り込め詐欺に飽き足らず、誘拐ビジネスの確立を目指す犯人グループ。菓子メーカーの社長と息子が誘拐され、社長だけが解放される。犯人グループと社長は、警察の目をかいくぐって裏取引をしようとする。

社長は取引直前に警察に打ち明け、取引は失敗。2回目の取引は警察をだまし抜こうと決意する。これに対し、警察は、1回目の取引で身代金の引き渡しをまかされた社長秘書を味方につけるが、犯人グループはその裏をかいて、秘書をもだまして身代金を奪う。

しかし、新米刑事がなんとか犯人グループの尾行に成功。犯人グループは立てこもるが、巻島にだまされる形で取り押さえられる。

グループの一人は逃走したままで終わる。さらなる続編はあるのか。

« 有栖川有栖「鍵の掛かった男」(幻冬舎) | トップページ | 塩田武士「罪の声」(講談社) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/64416411

この記事へのトラックバック一覧です: 雫井脩介「犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼」(双葉社):

« 有栖川有栖「鍵の掛かった男」(幻冬舎) | トップページ | 塩田武士「罪の声」(講談社) »