サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雫井脩介「犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼」(双葉社) | トップページ | 長岡弘樹「赤い刻印」(双葉社) »

2016年12月25日 (日)

塩田武士「罪の声」(講談社)

評価4

 1984~85年に起きたグリコ・森永事件に取材したフィクション。

 週刊文春ミステリーベスト10 2016年国内部門の1位。

 ちょっとやる気をなくした文化部記者が真相に迫る。いろいろ無駄骨を折りながらも着々と取材が進展していく過程はご都合主義的だが、そこはフィクション。著者のたどり着いた犯人像もさることながら、事件に巻き込まれた子どもに焦点を当てた視線が優しい。

 以下、ネタバレあり。

 京都に住むテーラー経営者の曽根は父の遺品の中にカセットテープと英語で書かれた手帳を見つける。テープには30年前の製菓会社脅迫事件「ギン萬事件」で会社との連絡に使われた子どもの声がはいっており、曽根はそれが自分だと気づく。父親が犯人だったのか―。曽根は父の友人ら関係者をあたり、調査を始める。

 そのころ、大日新聞の文化部記者阿久津は、社会部の企画で、ギン萬事件の取材にかり出される。先輩記者の取材メモなどを頼りに、阿久津は犯人に近づいていく。
 やがて曽根の存在が阿久津の知るところとなる。

 阿久津は取材の過程で、事件から30年以上がたった現在、大切なのは犯人捜しよりも希望を見いだすことだと思うようになり、曽根と同様に事件に巻き込まれた男性と母親の再会を目指す。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪の声 [ 塩田 武士 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2016/11/19時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪の声【電子書籍】[ 塩田武士 ]
価格:1458円 (2016/11/19時点)


« 雫井脩介「犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼」(双葉社) | トップページ | 長岡弘樹「赤い刻印」(双葉社) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/64517562

この記事へのトラックバック一覧です: 塩田武士「罪の声」(講談社):

« 雫井脩介「犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼」(双葉社) | トップページ | 長岡弘樹「赤い刻印」(双葉社) »