サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 貫井徳郎「壁の男」(文芸春秋) | トップページ | 長岡弘樹「波形の声」(徳間書店) »

2017年5月31日 (水)

長岡弘樹「群青のタンデム」(角川春樹事務所)

評価2

 警官2人を主人公とした連作短編集だが、長岡弘樹の作品の中では最も残念な作品。同じ警察ものの連作短編集である「教場」シリーズなどと比べ、キレがない。

 警察学校で同点1位だった戸柏耕史と陶山史香は、その後も警官として手柄を競い合い、出世競争をしていく。任官後の交番勤務から、定年退職後までに2人が出会う事件や2人の関係が描かれる。最後に明かされる史香の秘密はちょっと驚いた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

群青のタンデム [ 長岡弘樹 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)


« 貫井徳郎「壁の男」(文芸春秋) | トップページ | 長岡弘樹「波形の声」(徳間書店) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/65049148

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡弘樹「群青のタンデム」(角川春樹事務所):

« 貫井徳郎「壁の男」(文芸春秋) | トップページ | 長岡弘樹「波形の声」(徳間書店) »