サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年2月

2018年2月15日 (木)

湊かなえ「リバース」(講談社)

評価3

 人間ドラマとして楽しめる。最後の最後で、友人の本当の死因が明らかになるオチはなくても、良い物語だと思う。

 以下、ネタバレあり。
 深瀬和久は大学4年のとき、ゼミの友人らと旅行に出かけた際に、結果的に友人広沢に飲酒運転をさせ、事故死させた。
 深瀬の趣味はコーヒー。勤務後に通うコーヒー店で美穂子と知り合い、交際する。ある日、美穂子は「深瀬は人殺しだ」とのメッセージが届いたと言い、深瀬は事故の話を打ち明け、疎遠になる。事故当時、一緒にいた友人らの周囲にも同様のメッセージが届く。
 深瀬は広沢の両親やかつての同級生らに話を聞いて回り、卒業アルバムも入手する。広沢には恋人がいたことが判明する。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバース (講談社文庫) [ 湊 かなえ ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

 

 

2018年2月11日 (日)

吉田修一「犯罪小説集」

評価2

 五編から成る短編小説集。実際に起きた事件を題材に、事件の背景、犯人や関係者の心情などを描く。
 これで終わり?といった結末ばかりで、トリックが見破られたり、何らかの真相が明らかになったりするミステリーではない。個人的にはその点ががっかり。

 以下、ネタバレあり。

 それぞれ、実際に起きた「栃木県今市市の小一女児殺害事件」「首都圏連続不審死事件」「大王製紙横領事件」「山口県周南市金峰で起きた5人殺害放火事件」「ロッテの小川博元選手の強盗殺人事件」(清原和博元選手の覚醒剤事件との説も)に取材したらしい。

「青田Y字路」(あおたのわいじろ)
 小学生女児が行方不明になり、10年が経過。またしても別の女児が行方不明になる。外国人の母を持ち、差別されてきた青年が疑われる。

「曼珠姫午睡」(まんじゅひめのごすい)
 小中学校が同じだった女性ゆう子が50歳を目前に殺人事件の容疑者として逮捕された。英里子は友人らのフェイスブックや報道で、ゆう子の人生を追う。

「百家楽餓鬼」(ばからがき)
 大手運送会社の御曹司がバカラにはまる。

「万屋善次郎」(よろずやぜんじろう)
 閉鎖的な村で、長老格の男性とささいなことから険悪な関係になってしまった男性は、狂気にかられ、大量殺人を犯す。

「白球白蛇伝」(はっきゅうはくじゃでん)
 プロ野球選手として一時成功したものの、けがで引退した男。派手な生活を続けるが、長続きするはずもなく、ファンだった男性の経営する会社で雇ってもらうが、給料の前借りを続けた上、断られ、罪を犯す。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犯罪小説集 [ 吉田 修一 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)



柚月裕子「臨床真理」(宝島社)

評価3

 2008年の「このミス」大賞受賞作。知的障害者施設を舞台にした陰惨な事件がテーマだが、途中でだいたいの流れは分かってしまう。

 以下、ネタバレあり。

 知的障害者施設で少女、彩が自殺とみられる死を遂げた。親しかった入所者の藤木司は、施設代表の安藤に殺されたと訴える。臨床心理士の美帆は、司を担当。言葉の色が見えるという司の能力を信じて、彩の「自殺」を調べる。

 友人の警官から、同施設から特定の企業への就職者が多いとの情報を得て、施設の少女たちが関係者との性行為を強要されていた証拠を入手するが、彩に関しての証拠だけが出てこない。
 彩が残したUSBメモリーのデータを解読すると、彩の相手は意外な人物だった。

 校閲ミスが散見されるのが非常に残念。以下に挙げたほかにも恐らくあるでしょう。宝島社はしっかりしてほしい!

 177ページ「栗原は少女をどこかで、たしかに会っているのだ。」→「少女と」

 309ページ「カッターの刃が、薄暗い風呂場鈍く光る。」→「風呂場に」

 319ページ「どこにメス入れれば骨を断てるかは知っている。」→「メスを」

 325ページ「深い自愛に満ちた目で美帆を見た。」→「慈愛」

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »