サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    中南米と山とミステリー内検索
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 吉田修一「犯罪小説集」 | トップページ | 柚月裕子「最後の証人」(宝島社文庫) »

2018年2月15日 (木)

湊かなえ「リバース」(講談社)

評価3

 人間ドラマとして楽しめる。最後の最後で、友人の本当の死因が明らかになるオチはなくても、良い物語だと思う。

 以下、ネタバレあり。
 深瀬和久は大学4年のとき、ゼミの友人らと旅行に出かけた際に、結果的に友人広沢に飲酒運転をさせ、事故死させた。
 深瀬の趣味はコーヒー。勤務後に通うコーヒー店で美穂子と知り合い、交際する。ある日、美穂子は「深瀬は人殺しだ」とのメッセージが届いたと言い、深瀬は事故の話を打ち明け、疎遠になる。事故当時、一緒にいた友人らの周囲にも同様のメッセージが届く。
 深瀬は広沢の両親やかつての同級生らに話を聞いて回り、卒業アルバムも入手する。広沢には恋人がいたことが判明する。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバース (講談社文庫) [ 湊 かなえ ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

 

 

« 吉田修一「犯罪小説集」 | トップページ | 柚月裕子「最後の証人」(宝島社文庫) »

ミステリーが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576624/66252807

この記事へのトラックバック一覧です: 湊かなえ「リバース」(講談社):

« 吉田修一「犯罪小説集」 | トップページ | 柚月裕子「最後の証人」(宝島社文庫) »